報酬・料金の中に消費税が含まれている場合は
原則として消費税の額を含めた金額が源泉徴収の
対象となる。

ただし、報酬額と消費税額が分かれている場合は
報酬額のみを源泉徴収の対象としてよい。