マイアミ・ヒートに所属するアロンゾ・モーニング (Alonzo Mourning) が引退を表明。

名センターが数多く生まれたジョージタウン大学卒。
ユーイングやムトンボの後輩に当たる訳ですね。
ドラフト2位でシャーロット・ホーネッツ入り。1位はこれまた名センターのシャック。

自分がNBAを見始めた頃のモーニングはマイアミで
パット・ライリーに率いられ、相棒ティム・ハーダウェイと共に活躍していたが、
腎臓疾患で01-02シーズン後に引退。

 腎臓疾患といえばスパーズにもショーン・エリオットという選手がいて
 手術後に復活、そして優勝も経験して引退していった。

後から振り返ると、モーニングも同じ道をたどることに。

引退1年後にニュージャージー・ネッツで現役復帰。
しかし12試合に出場しただけでまたもや引退。

ヒートの33番も、もう終わりだ、という中、
04-05シーズンにまたもやネッツで復活。
ラプターズのビンス・カーターとのトレードでトロントへ。
しかしラプターズで試合に出場することはなく、更にヒートへ移籍。

古巣マイアミへ戻ってきたZO。
このシーズンからシャックがヒートに加わっており、ウェイドと共に
2006年、念願のチャンピオンリングを手にすることとなる。

アロンゾ・モーニング 15年間の選手生活の歴史ZO
トータルスタッツ
838試合出場
ポイント  :14,311  平均17.1
リバウンド :7,137  平均8.5
アシスト  :946  平均1.1
ブロック  :2,356  平均2.8

モーニングって現役中は毎年プレイオフ出てたのか。結構すごいな。
あと、鋼鉄の体とか言われてたけど一回も82試合フル出場したことないんだ。
何が原因で欠場してるのか分からないけど意外だった。


それにしてもヒートのホームページって初めて見たけどかっこいい!
選手紹介のところが凝ってる。
普通ユニフォーム姿なのにスーツ着てたり役者みたいなポーズしてたり。

写真もフォルダ分けされてたりと、いろいろ見やすい。
ヒートファンがうらやましい!