第4Q終盤まで7点差くらいを保ってたのに残り2分くらいからじわりじわりと詰められて
残り40秒くらいでついに2点差になって、下手したら逆転負けかとも思ったけど
粘り勝ちしてくれました。

現地25日 マイアミ・ヒート戦

Team1234Total
Heat2425192088
Pacers2721192390

Heat      
ポイント

D.Wade

21

U.Haslem

18

J.O'Neal

13

リバウンド

U.Haslem

14

M.Beasley

8

M.Chalmers

6

アシスト

D.Wade

8

M.Chalmers

7

L.Head

3

Team Total リバウンド(O/D/T):9/35/44 アシスト:24 スティール:6 TO:7

Pacers      
ポイント

D.Granger

28

T.Ford

20

J.Jack

13

リバウンド

J.Foster

16

T.Ford

9

B.Rush

8

アシスト

J.Jack

4

T.Ford

3

B.Rush

2

Team Total リバウンド(O/D/T):10/40/50 アシスト:12 スティール:4 TO:12

この試合、トロイ・マーフィーが膝の腱をひねったとかで欠場だったので、
ちょっと心配してたのですが、変わりにスターターで出場したジェフ・フォスターが
16リバウンドと大活躍。ジェフの場合、オフェンシブリバウンドが得点に直結しないことが
欠点でもあるのですが、それでもすぐれたリバウンダーであります。

得点王候補のウェイドを21点に抑えられたのもなかなか良いディフェンスしたのでしょうか。
FGが5/24と不調です。
ペイサーズのエース、グレンジャーは28ポイント(FG 10/20 , 3pts 3/7)となかなか調子がよかったようで
フォードもベンチから出場で20得点と頑張ってくれてます。
数日前にジャックとフォードの不仲が取り上げられていましたが、
来シーズンどうなることやら。

ヒートには元ペイサーズのジャーメイン・オニール、ジェームズ・ジョーンズも所属いるのですが
どのように迎えられたのでしょうか。気になるところです。
↓ペイサーズの新旧エース対決 ダニーが変顔に。
新旧エース対決