コレを見て伊集院光がラジオで言っていたことを思い出した。

「昆虫亜空間説」

特にセミにおけるこの定義はなかなか興味深い。

セミの一生と言えば、7年ほど地中で成長し、
地上では7日間しか生きられないという話。

毎年、夏にはすごい数のセミが泣き始める訳ですが、
このセミって約7年前から地中に存在していたと思われます。

今年地上に出てきたセミがいるということは、
来年地上に出てくる予定のセミも地中に待機していて、
再来年地上に出てくる予定のセミも地中に待機しいて、
さらにその次の年にでてくる〜〜

と、土の中にはとんでもない数の成長前のセミがいることになりますね。

ところが土を掘り返しても大量のセミが発見されましたっていう
話は聞いたことがありません。

つまりセミは地中にいるのではなく、どこかの亜空間で成長して
大人になると地上に現れるという伊集院説。

聞いててなかなか面白いな〜と思った。

ちなみに、人間がその亜空間に飛び込んでしまうと、
地上に出る前のセミがいっぱいいるらしいです。 オェェ

ソファに飲み込まれるように隙間に入り込んでいく猫のムービー