気がついたら試合が終わっていました。西から東へ移動したので
試合時間も変更されていたようです。

IND 86 - 85 PHO
フィーバーが1点差で勝利、ファイナル制覇へ王手です。
次の試合もインディアナで行われるので、地元優勝も夢ではありません。

Phoenix Mercury
 C.Poundexter  23pts  5reb  8ast
 D.Taurasi  18pts  7reb  1ast
 L.Willingham  17pts  5reb

Indiana Fever
 E.Hoffman  18pts  4reb
 K.Douglas  15pts  6reb  7ast
 T.Catchings  14pts  12reb  7ast

Tamika とKatie の活躍ぶりが光りますね。
Tamika に至ってはFG3/12 と相当苦しんでますが、FTとリバウンドやアシストで
チームに貢献できています。

そしてBriann January というルーキーが17ポイント。
ファイナルでは前の2試合で平均13.5ポイントとのことですが、
ルーキーながらも見事な戦力になってますね。素晴らしいです。

Play by Play を見たところ、
残り2分09の時点で85-84とマーキュリーがリード。
その後、TOやらミスショットが続き、残り57秒でホフマンがようやく決めて
フィーバーが86-85と逆転。これが決勝点になってます。

フィーバーはこの後オフェンスリバウンドを取りまくり、残り6,9秒まで
マーキュリーにシュートを撃たせてません。そのリバウンドはタミカがキャッチしましたが、
スティールされて残り3.4秒でタイムオフ。

そしてラストプレーはスミスが撃ちましたが、ホフマンのブロック。
ルーズボールをタミカが取って試合終了。

この終わり方は相当盛り上がったのではないでしょうか。
映像が出回ったら見てみようと思います。

追記
Fever のtwitter によるとT.J.フォードとダンテ君が観戦に来ていたそうです。
明日台北に向けて旅立つとのこと。

T.J. Ford & Dahntay Jones of the Indiana pacers are in attendance.
They fly to Taipei & Beijing tomorrow for preseason games against Denver.


次の試合、ペイサーズの面々は会場にいないのが残念です。
CFH1CFH2

CFH3チケット売り場にはすごい行列ができてます。

2枚目はコンセコフィールドハウスを
表通りから見たところ。
右側の建物はショップになっていて
ペイサーズグッズがたくさん置いてあります。

左のガラス張りのところが、1枚目の
チケット売り場になっています。
そしてチケット売り場の反対側にアリーナ。

3枚目が場内の写真。右上にレジー・ミラーの永久欠番フラッグがあります。
いつかこのフラッグを観にいかなければなりません。

また観にいきたいな〜