ブログネタ
最近読んだ本 に参加中!
よかった!今年読み始めた小説の中でこれが一番好きな1冊となりました。
登場人物が良い味だしてるし、設定も面白いし、クライマックスに向かう文章の流れが
ものすごく心地よかった。

コンビニ強盗に失敗した伊藤は、警察に追われる途中で意識を失い、見知らぬ島で目を覚ます。
仙台沖に浮かぶその島は150年もの間、外部との交流を持たない孤島だという。そこで人間たちに
崇拝されているのは、言葉を話し、未来を予知するというカカシ「優午」だった。しかしある夜、
何者かによって優午が「殺害」される。なぜカカシは、自分の死を予測できなかったのか。
「オーデュボンの話を聞きなさい」という優午からの最後のメッセージを手掛かりに、
伊藤は、その死の真相に迫っていく。

と言った内容。読む前までは特別面白そうと読み始めたわけでもなかったのですが、
中盤から一気に引き込まれました。

感想は続きで。(ネタバレ含む)

内容紹介すると自分でまとめられなくなりそうなので、思ったことだけ。

最後のリョコウバトを撃って剥製にしようと外の世界からやってきた曽根川。
カカシの優午はそんな彼を殺害する為にいろんな人に「遺言」を残し、

ある者は足を引っ掛ける罠を作り、ある者はライトを照らす。
その他にも、目撃者を作る為に目を覚まさせたり、ライトを照らす為の用事を作る者、
壊す者に、運ぶもの。

その一つ一つの組み合わせで曽根川を殺害。

優午自身は殺されたわけではなく、田中に自分を壊すように頼み、その頭部を
助けることができなかった園山の妻の前へ謝る為に運んでもらう。
そして、「島に足りなかったものを見届ける為」頭を丘へ置いてもらう。

伊藤は「優午は人間に飽き飽きしたのかもしれない」と思ったけど、
それだけじゃないと思った。

100年程前の優午は未来に起こることを話したがる性格だったのに、
ある娘に「未来のことが分かったら面白くないですよ、と言った方がいい」と
言われたことをずっと守り続けていたし、島に足りないものをみんなの為に
呼び込んだものと思われる。

そして優午自身が100年前に言った「土から抜かれても死ぬようなことはない」ということを
島民も伊藤も知らない。優午は丘の上で生きているし、島に足りなかったものを
自分で確認しようとしている。

静香が丘の上でアルトサックスを吹いた時、一体何が起こるのでしょうか。
モノクロだった世界がカラーに変わるような目に見える変化があるかもしれないし、
何も変わらないかもしれない。
それを自分で想像できる良い終わり方でした。

日比野とか草薙とか何か味のあるキャラがたくさんいて、良い世界だった。
外から来た人間が丘の上で足りないものをプレゼントするという伝説が
何なのか分かった瞬間、伊藤と同じような感触が自分にもあった。

一番好きなのはカカシを作り直した少年が、自分の作った優午に対して
草薙夫妻目を瞑ってうつむいた場面。

"この二人も、ボクと同じようにお祈りをそてくれているのだろうか、そうだったらいいな"
という部分。何か暖かくてよかった。

良いと思った部分を自分の言葉で伝えられないのがもどかしいけど、
それくらいこの本を好きになったようです。いや〜面白かった。

他の方の感想など
伊坂幸太郎 「オーデュボンの祈り」 (指先小宇宙。さん)
伊坂幸太郎@オーデュボンの祈り (攻撃的にできてます。さん)
「オーデュボンの祈り」伊坂幸太郎 (本のある生活さん)