ブログネタ
NBA に参加中!
今日のミネソタ・ティンバーウルブズ戦、
前半を45-73の28点差を付けて大量リードでこれはもらった!
という感じにはやはりなれないペイサーズ。

案の定終盤5点差まで詰められるシーンもありましたが、
新年初めてのゲームでペイサーズは生まれ変わる事ができたのでしょうか。

ちなみに今日は今まで通りのGranger、Jeffらに加え、
Hansbro、Murphyも欠場。更に理由は分かりませんがT.Jも出場無しでした。
チーム状態が悪いのに怪我人が多すぎて不安です。
ブレイザーズの比ではありませんが・・・
Luther Head
↑最近好調のHeadさん
 
ペイサーズは第2Q 9分52秒にRush が3ポイントを決めると、
9分31秒にはA.J も3ポイント、9分5秒にHead が追い打ちの3ポイントで
この間ウルブズに得点を許さず、一気に9得点でリードを21点に広げました。

これを逆にやられたら心が折れそうなものですが、第3Qでウルブズが息を吹き返します。
40-25と15点を詰め、 13点差としたウルブズ。
この流れだと去年までのペイサーズはかなり危ない感じでしたので心配していました。

そして始まった第4Q。
ウルブズはEllington が3ポイント2本を含む11ポイント、Love とFlynn も3ポイントを
決める等して、23-15と攻め立て、ついに5点差まで詰め寄ってきました。
Head がフェイドアウェイを決め、Love がレイアップとカウントワンスロー、
残り52秒で4点差となりますが、Watson が時間を使いリザーブレイアップを決め
33秒で6点差。さらにカウントワンスローでリードを7点へ。
このプレイが無ければウルブズに反撃のチャンスを与えていたかもしれませんね。
その後、ファールゲームとなりますが、ウルブズのショットは決まる事は無く、
接戦になる前に逃げ切る事ができました。
大量得点付けておきながら楽に勝てない展開なのは相変わらずですが、
連敗脱出&2010年初勝利&二桁勝利到達ということでひとまずよしとしておきましょう。

MIN 111 - 122 IND
MIN-IND
Minnesota TimberWoles 7-28
D.Wilkins  23min  9pts
K.Love  29min  16pts  8reb  3stl
A.Jefferson  33min  23pts  6reb
C.Brewer  20min  5pts  3reb
J.Flynn  29min  14pts  3reb  3ast
W.Ellington  28min  16pts  6reb  5ast

Indiana Pacers 10-22
M.Dunleavy  30min  15pts  8reb
J.McRoberts  25min  7pts  8reb
R.Hibbert  27min  21pts  7reb  4ast  3blk
L.Head  35min  21pts  4reb  6ast
E.Watson  38min  12pts  4reb  9ast
B.Rush  27min  16pts  3reb
A.Price  14min  8pts  3reb  6ast

新年一発目のペイサーズネタということで長くなりますが、
今日のスターティングラインアップは、Watson、Head、MDJ、McBob、Hibbert と
地味この上ない編成でした。しかし、最近好調のHead がよい働きをしてくれましたね。
Rush もベンチとしては素晴らしい出来で4本の3PTを効果的に決めてくれました。
そして以外だったMcBob ですが、リバウンドで貢献していますし、14分の出場ながら
8pts、6ast を記録したA.J も良かったです。

T.J 欠場の理由はよく分かりませんが、主力がいない中貴重な一勝をしてくれました。

そして明日は最近調子を上げつつあるニックスです。 
Jonathan Bender との対面が楽しみでなりませんが、勝利は譲れません。
非常に楽しみなゲームですね。Go Pacers!