ブログネタ
NBA に参加中!
昨季ポイントランキング上位を争っていたDanny Granger とKevin Durant の
ライバル対決(?)に注目がいくと思われたオクラホマシティ・サンダー戦ですが、
インディアナに新たなスターが誕生しました。

あ、試合は負けましたが・・・

74-87の13点差で迎えた第4Q、
ペイサーズはGranger が9点、A.J がなんと19点と大爆発。
この二人しか得点していないのが健全かどうかは置いておき、
ルーキーのこの爆発は今後に向けてよい収穫になることでしょう。
13点差を1点差まで詰め寄るシーンもあり、嫌な負け方では無かったので、
A.J の成長とともに収穫はあったかと思われます。

シュートが決まりだすのがちょっと遅かったですが、サンダー側にもちょっとは
焦らせる事ができたのではないでしょうか。一応粘りは見せてくれました。
Pacers vs Thunder

IND 102 - 108 OKC
IND-OKC
Indiana Pacers 11-25
D.Granger  37min  25pts  6reb  4stl
T.Murphy  37min  15pts  15reb
R.Hibbert  15min  9pts  5reb
L.Head  21min  6pts
E.Watson  24min  6pts  9ast
A.Price  24min  23pts  3ast

Oklahoma City Thunder 20-16
K.Durant  38min  40pts  12reb  3ast
J.Green  39min  12pts
N.Krstic  13min  6pts  3reb  3ast
T.Sefolosha  38min  5pts  8reb
R.Westbrook  37min  18pts  9reb  6ast
J.Harden  26min  13pts  3ast

Durant はチームを勝たせる事のできるエースに成長しつつありますね。 
Granger もその域に達する事が出来るように頑張ってもらいたいです。

A.J の活躍が今後も続けば勝てるチームになりそうだな〜
 Price