ブログネタ
NBA に参加中!
ミネソタ・ティンバーウルブズのGM、David Kahn氏がAl Jefferson と
Danny Granger のトレードをオファーしたものの、ペイサーズは即座に拒否とのこと。

Pacers rejected Granger for Al Jefferson offer

白人贔屓と言われるLarry Bird ですが、Granger を中心に
再建する意思に変わりはない様子。
また、当の二人以外にも、サラリー調整の為に数人のプレイヤーを
巻き込む必要もありましたが、そちらの議論にも興味をしめさず。

ウルブズはJefferson とKevin Love 間のチームケミストリーが
問題視されているようですがそうなのでしょうか。

ペイサーズはイースタンカンファレンスの下位にいるため、
トレードデッドラインまでに何らかの動きがあることが予想されますが、
Granger とHibbert が含まれるトレードは除外するということ。

T.J あたりは真っ先に候補に挙がりそうですが、彼をほしがるチームは
あるのでしょうか。MDJ、Murphy のどちらかも危ない気がします。
個人的にはRush もキープして欲しいけど、今年の出来だとちょっと不安です。 

---追記---
ジェファーソン←→グレンジャー!? 
やはりウルブズがJefferson を出すというのは驚きですよね。
Granger 放出を断ったペイサーズも驚きということですが、
放出されそうになったJefferson と彼との交換でも断ってもらえたGranger 。
Granger 的には安心してプレイできる環境だと再認識できるような状況ですが、
これが甘えに繋がらずに良いプレイに影響してくれればよいですね。
そんな簡単な世界ではない事は分かっておりますが・・・ 

ところで、Murphy を欲しがっているチームもいくつかあるようですが(未確認)
彼以外に3PT好調な選手がいないため、今出て行かれるとちょっと厳しいかもしれないですね。
Granger やRush が昨年並みにシュートタッチが良ければいいのですけどね。