ブログネタ
最近読んだ本 に参加中!
所用で電車に乗る時間がたくさんあったため、あっという間に読み終わりました。
伊坂幸太郎のグラスホッパーです。

あらすじ
 「復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。
 どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。
 一方、自殺専門の殺し屋・鯨、ナイフ使いの若者・蝉も「押し屋」を追い始める。
 それぞれの思惑のもとに―「鈴木」「鯨」「蝉」、三人の思いが交錯するとき、
 物語は唸りをあげて動き出す。疾走感溢れる筆致で綴られた、分類不能の「殺し屋」小説。

今まで読んだ伊坂作品ではここまでの殺人描写は出てこなかった為、
ちょっと新鮮でした。どうも蝉と鯨がごっちゃになってしまい、どっちが自殺屋だったけ?
と混乱することが数回。例によって「オデューボンの祈り」での「神様のレシピ」も登場。

以下感想(ネタバレ注意)
いきなりオチの話になりますが、スズメバチはお見事ですね。
黄色と黒ですか。鈴木の行動次第ではあっけない最期を遂げる可能性もありましたが、
そこら辺はうまく事が進んでいます。

令嬢 対 押し屋
令嬢 対 鈴木
鈴木 対 蝉 対 鯨
こんな感じでしたけど、思わぬところで劇団が。

劇団の存在っていうのもなかなか面白いものがありました。
基本的にみんな正義ではありませんが、一番感情移入できるのはやはり鈴木でしょうかね。

他の方の感想など
グラスホッパー(本のある生活さん)
読書メモ 『グラスホッパー』(明日は何をしようかな…さん)