ブログネタ
NBA に参加中!
イースタンカンファレンス下位を争うデトロイト・ピストンズ戦。
ワトソンが法事で抜けた為、ルーキーのA.J.プライスが初のスターターを務めました。
 Price
そしてバックアップでは18ゲーム振りにT.J.フォードの登場。
A.JとT.J。いい響きではあります。

ハミルトンもプリンスも復帰していたピストンズ。
第1Qは取ったり取られたりで接戦に。24-20のペイサーズリードで終了しました。
ラッシュとマーフィーが7ポイントをあげています。

第2Qはグレンジャーが8ポイント、フォードが9ポイント、3アシストと
今までの鬱憤を晴らすかのような動きを見せました。
じわじわと点差を離し、52-37とリードを15点に広げてハーフタイムとなりました。

そして第3Q、8ポイントを連取し、60-37とすると、このQを24-19で終え、
20点差リードとして最終Qへ。

点差を詰められなかったのはピストンズがシュート確率悪かったというのもあるのですが、
ペイサーズはボールが良く回っていましたね。
第4Qではダンテが3PTを決め、終盤、McBob のアリウープなどもありました。
フォードとダンテが3PTを同じ試合で決めたのは初めてだとか。
二人とも成功率低いですからね・・・

また、大量リードを奪っていても最後の最後まで試合を組み立てようとしていたのはGood。
ディーナーも出て来ていましたが、少しでもゲーム慣れさせないといけませんね。

奇跡の2連勝となったペイサーズ。
プレイオフギリギリ出られなくて終わるのと、ロッタリー狙いのどちらが
良いのか分かりませんが、勝利は気持ちの良いものですね。 
DET 83 - 107 IND
DET-IND
Detroit Pistons 16-32
T.Prince  34min  10pts  4reb
J.Jerebko  28min  4pts  10reb
B.Wallace  17min  
R.Hamilton  27min  6pts
R.Stuckey  29min  16pts  6reb
B.Gordon  25min  26pts  3reb
W.Bynum  26min  10pts  7ast

Indiana Pacers 18-32
D.Granger  34min  25pts  6reb
T.Murphy  32min  12pts  10reb
R.Hibbert  30min  10pts  11reb
B.Rush  31min  16pts  4reb  5ast
A.Price  24min  8pts  4reb  4ast
D.Jones  24min  13pts  4reb
T.Ford  23min  11ast  3reb  5ast

ペイサーズは今日も6人が二桁得点とバランスの良い攻め方ができました。
プライスもあと1本決めておけば10ポイントだったのですが残念。