ブログネタ
NBA に参加中!
結果から言うと負けましたが、後半戦のスタートは悪くなかったのではないでしょうか。
一時14点差をつけられたものの、第3Qを67-69と2点差に追いつめて終了。

更に、第4Qの最初の3分半をワトソンとフォードの二人で8-0のランとし、
75-69と逆転に成功しました。その後、79-82になるまで一進一退の攻防を
続けていました。

今日の試合、僅差で進んだのは明らかにダンカンの不調のおかげでしたが、
ヒバートも6ブロックでファールトラブルもなしということで非常に頑張りました。
ダンカンとブレアを見事に抑えています。(マッチアップしたかは不明ですが)
Roy vs Tim
そして残り3分53秒、ラッシュが3PTを決めて82-82の同点としました。
が、、、ジェファーソンが3PTを決め返し、82-85と再度3点差になってしまいました。

結局点差を詰める事ができず、残り30秒でグレンジャーが3PTを決めましたが、87-90。
残り7,9秒でジノビリのショットをヒバートがブロックしたものの、ボールはダンカンの手に。
その後、ペイサーズはボールを奪えずにゲームセット。

ん?前回のスパーズ戦でもダンカンのラストショットをヒバートがブロックしたものの
結局押し込まれて負けましたが、なんか付いてないですね。せめて最後に
シュートを打つチャンスがあれば・・・といった試合でした。 
SAS 90 - 87 IND
SAS-IND
San Antonio Spurs 31-21
 K.Bogans  22min  3pts  5reb
 T.Duncan  34min  8pts  26reb  5ast
 M.Bonner  12min  3pts  
 G.Hill  30min  6pts  4reb
 T.Parker  39min  28pts  3reb
   M.Ginobili  31min  18pts  6reb  7ast
   R.Jefferson  29min  13pts  6reb

Indiana Pacers 18-35
 D.Granger  45min  23pts  8reb
 T.Murphy  26min  9pts  16reb
 R.Hibbert  32min  14pts  7reb  6blk
 B.Rush  31min  9pts
 E.Watson  38min  9pts  6reb  8ast  3stl
   T.Ford  24min  14pts  3reb  3ast

ダンカンはFGこそ4/23とひどい数字をたたき出してますが、26リバウンドのうち
11個がオフェンスリバウンドとペイント内での存在感が発揮されていますね。
スパーズ相手にここまで出来るならもうちょっと勝ち星増やせそうな気がしますが。。。

グレンジャーは45分の出場と、ブレイクで十分休めたのでしょうか。
3PTを3本しか撃っていないのは良い兆候だと思います。
今後も外ばっかりじゃなくいろんな攻め方を覚えてほしいですね。

今日の観客は14947人でした。