ブログネタ
NBA に参加中!
なんとエースグレンジャーが個人的理由で欠場となったダラス・マーベリックス戦。
第2Q終盤まではなんとか持ちこたえていましたが、2点差に迫った所で
キッドとスティーブンソンの連続3PTで8点差へ。
41-49でハーフタイムとなりました。

エースを欠いてるのにそこそこいい勝負が出来ていたと言いたい所ですが、
今日のマブスはシュートもあまり入らず、TOも連発というひどい内容でありました。
後半は修正されてしまいましたが、ペイサーズもそれ以上にシュート入らなかったので
勝てる要素が見つかりませんでしたね。
ウエスタンの上位チームとの対戦なので最初から分かってはいましたが、
ヘイウッドの存在が思った以上にやっかい。ヒバートはファールトラブルで
思うようにプレイさせてもらえませんでした。
 Ford
そして前の試合はちょっとよくなったマーフィーですが、今日はFG 5/15。3PT 0/6という内容。
11リバウンドこそ穫っているものの、37分も使う程の出来ではないような気がします。
どうせ途中から勝てる見込みがなくなっていたので、McBobとかSolomonを出して欲しかった。

Solomon は20分で5pts、4reb、2ブロック、McBob はアリウープ等、
マーフィーにはないインサイドの動きがちょっとはできます。

IND 82 - 91 DAL
IND-DAL
Indiana Pacers 19-37
 M.Dunleavy  26min  8pts  6reb
 T.Murphy  37min  10pts  11reb  3ast
 R.Hibbert  22min  8pts  4reb
 B.Rush  26min  6pts  6reb  3ast
 E.Watson  28min  7pts  
   T.Ford  21min  14pts  3ast

Dallas Mavericks 36-21
 S.Marion  30min  8pts  6reb  3ast
 D.Nowitzki  32min  23pts  7reb
 B.Haywood  33min  13pts  20reb  3blk
 C.Butler  30min  8pts  5reb  3ast
 J.Kidd  27min  10pts  3reb  7ast
   J.Terry  23min  14pts  3stl

今日の試合の最後、相手のディフェンスがハードじゃないのもありますが、
プライスが一人で8連続ポイントを上げて点差を9まで縮めて二桁得点差負けを
回避してくれました。3PT、バスケットカウント付きのレイアップ等、
なかなか良い動きを見せてくれました。

周りを活かしてないのがちょっと気になりますが、今日はみんな不調でしたし、
やはりもうちょっと早くプライス出せば良かったのではないでしょうか。
次の試合に期待です。