ブログネタ
最近読んだ本 に参加中!
久しぶりに本を読みました。
現在はまり中の伊坂作品、終末のフールです。

あらすじ
八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。そう予告されてから五年が過ぎた頃。
当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある。仙台北部の団地
「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直す。
家族の再生、新しい生命への希望、過去の恩讐。はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは?
今日を生きることの意味を知る物語。

長い事かけて読んだので所々忘れてます。
近いうちに読み直したいと思いますが、そう思うのは忘れてるからというだけではなく、
伊坂作品恒例の作品間リンクに近いものがこの作品内で多々起こっているからです。

他の章で出て来た人が別の所で出てくるというのが頻繁にあるので
もう一回この人は何をしてる人というのを確認しながら読んでみたいなと。
ラッシュライフの方がそういった感じは強いですし、終末のフールは
最初から同じ舞台と分かっているので不思議な事はないのですが、
上手いリンクのさせかたでした。

終末のフール
太陽のシール
篭城のビール
冬眠のガール
鋼鉄のウール
天体のヨール
演劇のオール

深海のポール

全8章からなる作品。太字が個人的なお気に入りの章。
ネタバレを含む感想は続きで。
「許し」と「生きる」というテーマ。
3年後に惑星が落ちて来て地球が滅亡するという設定はフィクションとして理解した上で
人間関係とかそういった書き方がなかなか面白かったです。
既に発表から5年経っているということで、混乱も一息といった時期の話。
地味にリアルな設定ですね。まぁ登場する人達はその混乱の中で家族だったり友人を
失っている訳で、決して明るい話ではないのですが、「生きて」います。

終末のフール
息子の事を認めない不器用な父親、過剰な期待とプレッシャーを受けて育った出来のいい娘、
「失敗作」と言われ地下鉄に飛び込んだ息子。娘は父親を憎み絶縁状態。
地球滅亡までのカウントダウンが始まり、娘が10年振りに会いにくるという。

太陽のシール
不妊治療をしながらもずっと子供に恵まれなかったのに、地球が滅亡する3年前に妊娠発覚。
産むべきか産まないべきかを悩む夫婦の話。夫は優柔不断選手権があれば優勝できる程の
キングオブ優柔不断。オセロがちょっとだけキーワード。

篭城のビール
篭城事件に巻き込まれた妹が、ワイドショーやマスコミに追われ、根も葉もない噂を広げ
あげくの果てに「犯人を追うより、被害者を取材した方が面白い」というアナウンサー。
結局耐えきれなくなった妹は自殺。そのアナウンサーを殺す為に自宅に踏み込んだ兄弟の話。

冬眠のガール
超純粋ガールの恋人探し。

鋼鉄のウール
こんなご時世なのに練習を続けるボクサーとトレーナー。あこがれのボクサーが
今もジムに通っていると知り、自分もそこに戻る少年。

天体のヨール
自殺しようとしていたところに、大学の頃の友人の天体オタクからの電話が。
天体オタク的には小惑星が落ちてくるのはワクワクすることで、
夜に落ちてもらわないと見えないから困ると言う。消沈している人が多い中、
こんなポジティブに小惑星の衝突を心待ちにする人間がいる一方、自殺しようとしていた
矢部は。。。火の鳥の人類が滅亡したあとのなめくじの話がちらっと出てくる。

演劇のオール
役者志望で夢を諦めた倫理子が孫を演じ、母親を演じ、飼い主を演じ、彼女を演じ。
最後の展開がなんか暖かい。結局どうしたのかが気になる。タマという名の犬。
ベタだけど、ビデオの最終巻で和んだ。

深海のポール
マンションの屋上で櫓を作るちょっと特殊な父親と暮らす夫婦と子供。
最初は何やってんだ、という感じだけど、心を通わせて行く話。

好きな台詞集
「オセロは二人でしかできないんだ」
「オセロを二組に分かれできるじゃないか」
「食ってる場合かよ」
「矢部君、本気で言ってるの?」 

二ノ宮君がいいキャラしてましたね。
土屋さんとか他の登場人物も味があって良いです。

: 「終末のフール」伊坂幸太郎