ブログネタ
NBA に参加中!
現在イースタン6位のシカゴ・ブルズとの対戦。
第1Qでいきなり20点差がつくというひどい立ち上がりでした。
なんとか18-37の19点差で終えましたが、ブルズのFG%が6割越えという
驚異的な数字だったので先行き不安でした。

第2Q最初の6分をラッシュやグレンジャーの3PT等で22-9と追い上げを見せ、
40-46の6点差としました。ダニーはここまで、FG 3/9、3PT 3/5、
FT 6/6 の15得点。
再度10点差に離されたところで、ラッシュの3PT、ダニーのスティールから
ファストブレイクでマーフィーがダンク。5点差に詰め寄ると、次のブルズの攻撃を
24秒バイオレーションで封じると、ラッシュが再び3PT。48-50と2点差に詰めました。

ダニーは既に3ファールとベンチに下がらざるを得なくなります。
そこで奮起したのがブランドン・ラッシュ。去年の勢いが復活したかのごとく、
残り2分で再度3PTを決めてついに52-52の同点になりました。 

その後ブルズに連続得点を許し、54-58でハーフタイムとなりましたが、
このQを36-21と第1Qをほぼひっくり返したような点差となりました。

 IND 54 - 58 CHI
Indiana Pacers
 D.Granger  15pts(3PT 3/5)  4reb  4ast  3stl
 T.Murphy  11pts  4reb
 R.Hibbert  0pts
 B.Rush  14pts(3PT 4/6)  5reb
 E.Watson  2pts

Chicago Bulls
 L.Deng  20pts  6reb
 T.Gibson  6pts  3reb
 B.Miller  6pts
 K.Hinrich  2pts  3reb  3ast
 D.Rose  9pts  6reb  5ast 

今日は試合を最後まで追えないので取りあえずハーフタイムまで。
Go Pacers!