ブログネタ
NBA に参加中!

のはずが。。。
指を怪我して既に今季終了予定となっていたジョナサン・ベンダー。
アル・ハリントンも肩を手術ということで二人の元ペイサーズの
インディアナ帰還とはなりませんでした。

試合はというと、グレンジャーが試合開始から2分で6ポイントとやる気十分。
第1Qはグレンジャー14ポイント、ヒバートが11ポイントの活躍で36-25とリード。 

第2Qはベンチ陣が奮起し、72-59と点差を保ったまま前半終了となりました。
しかし第3Q、逆転はされないものの20-31と11点差を詰められて92-90で
最終Qを迎える事に。
Roy Hibbert
第4Q
ウォーカーのダンクで92-92の同点にされましたが、ヒバートがFTを1本、
Dahntay がレイアップで3点差リード。しかしダグラスが3PTで95-95で同点。
と、なかなか熱い最初の3分間でしたが、どうも逆転しきれないニックス。

グレンジャーがFTを2本決め、ラッシュのレイアップ、グレンジャーの3PT
ラッシュのジャンプショットが決まり9-0のラン。

その後もニックスは点差を詰める事が出来ずに113-105でペイサーズの勝利。

やってしまいましたね。。。
1ゲーム差で迎えた直接対決だったのですが、今日ペイサーズが負ければ
まだ下位へ滑り込む余地があったのに、今日勝ってしまった事でイースタン10位が
かなり近づいてしまいました。すでにドラフト1位のチャンスは諦めていますが
1つでも下に行って欲しかった。指名権もこのままだと10位ですね。

今シーズンこれ以上勝っても指名権は11位以降にはならないようなので
残り4試合は勝つ為の応援でもしましょうかね。そうすると負けそうな気もしますが。

NYK 105 - 113 IND
NYK-IND
New York Knicks 28-50
 D.Gallinari  17pts  3reb  3ast
 D.Lee  16pts  16reb
 E.Barron  15pts  9reb
 T.McGrady  4pts  3reb  6ast
 C.Duhon  10pts  4ast
   T.Douglas  20pts  5reb
   B.Walker  15pts  6reb

Indiana Pacers 30-48
 D.Granger  33pts  7reb  5ast
 T.Murphy  17pts  12reb
 R.Hibbert  15pts  6reb
 B.Rush  6pts  3reb
 E.Watson  6pts  5reb  6ast
   M.Dunleavy  13pts  7reb  3ast  3stl
   A.Price  11pts  3ast

今日は平日なのに15330人もお客さんが入っていますがなんでしょうかね。
10試合で8勝中の地元チームを応援する気になったのでしょうか。
それともNCAA熱が冷めずにこちらまで流れてきたのですかね。

さて、残りの試合は、キャブス、ネッツ、マジック、ウィザーズの強弱凸凹の相手。
キャブスとマジックはプレイオフに向けて主力温存の可能性もありますから
こうなったら6連勝で今シーズンを締めくくるのも良いですね。