31Iscream -Go Indiana Pacers(NBA)-

fc2ブログに引っ越しました。
In 49 states it's just basketball, but this is Indiana.
NBA インディアナ・ペイサーズ応援ブログ。

【NBA】

ペイサーズのDVD も届いた。

家のPCで再生可能なことを確認。
若かりし頃のジョーダン対レジー
ユーイング対レジーの試合を楽しみたいと思います。
713b2c3c.jpg

【NBA】ペイサーズDVDを購入【Pacers】

ブログネタ
NBA に参加中!
数年前に発売されたペイサーズファン向けの唯一(?)のDVD-BOXが
amazon で前より安くなってたので購入しました。
円高のおかげですかね?

NBA Indiana Pacers Greatest Game Collection 1


発売当初に買うのをやめた理由はリージョン1で手持ちのDVDプレイヤーでは
再生できなかったからでしたが、家のMac がリージョン1(変更はあと数回可能)と
出たので、再生できることが分かりました。

収録されているゲームは以下の4試合。
・レジーが4Qだけで25点を取った94年ニックス戦
・ゲーム残り時間16秒の間に8,9秒で8点取った95年のニックス戦
・98年のプレイオフでのブルズ戦
・00年初のイースタン制覇のニックス戦

ニックス戦多すぎですね。このビデオだけで
マイケル・ジョーダン、パトリック・ユーイング、レジー・ミラーの3人が
拝めるなんてなかなか良いパッケージだと思う。

結果が分かってる試合なんて見て面白いのか?と思われそうですが、
それでもいいんです。Reggie の3ptsだったりスクリーンの使い方を
眺めてるだけで最高です。

ちなみに、コレクション1となっていますが、2は今のところ出ていないようです。
2に入れるとしたら、レギュラーシーズンのレジー最終戦と、プレイオフの最終戦の
2試合は収録して欲しい。

【NBA】IND vs LAL NBA Finals 2000 Game3【Pacers】

ブログネタ
NBA に参加中!
ペイサーズ全盛期の2000年NBA Finals の映像がアップされました。
ゲーム3はペイサーズの初勝利の試合。

マーク・ジャクソンの十字ポーズにデイビス/スミッツのスクリーン、レジーのシュート。
ローズの左効きドリブルにベンチから出てくるクロージア、パーキンス、ベスト。
この頃のペイサーズの試合大好きです。レジーの動きを見てるだけでワクワクする。
いや〜良いものをアップしてくれて本当にありがたいです。

個人的には初のファイナル進出を決めたニックス戦があると最高にうれしいです。続きを読む

【NBA】元祖ドリームチーム集結

ブログネタ
NBA に参加中!

ドリームチームがアメリカのオリンピック委員会のHall of Fameに招待されたとのこと。
左からクリスチャン・レイトナー、クライド・ドレクスラー、クリス・マリン、デビッド・ロビンソン
ジョン・ストックトン、スコッティ・ピペン、パトリック・ユーイング。
ユーイングはマジックの試合でちょこちょこ見かけますが、他の方々は久しぶりに見ました。
 :Dream Team inducted into USOC Hall of Fame
Dream Team

【NBA】ペイサーズに所属していた意外な人達【Pacers】

ブログネタ
NBA に参加中!

2000年以降のシーズンでペイサーズに所属していた
「アレ?この人いたっけ?」的な選手をピックアップ。

00-01 Terry Mills 1シーズン 

01-02 Kevin Ollie 1シーズン 
     昨季はミネソタに所属。12年のプロ生活で、
     DAL→ORL→SAC→ORL→PHI→NJN→PHI→CHI→IND→MIL→SEA→CLE→PHI→MIN
     と計12チームに所属するというスーパージャーニーマン。
     04-08のシクサーズを除いて、毎年チームが変わっています。家買えませんね。

01-03 Ron Mercer 2シーズン
     ブラッド・ミラー、ロン・アーテスト、ケビン・オリーと共にやってきた彼も今となっては影が薄かったです。

01-02 Carlos Rogers 1シーズン
     懐かしい。爬虫類みたいな顔した人。インディアナ行った時にサインをもらったような気がする。

02-03 Erick Strickland 1シーズン

02-03 Tim Hardaway 1シーズン
     かつてキラークロスオーバーの代名詞だったティム。たった10試合ですがインディアナにいたんですね。

05-06 Peja Stojakovic 1シーズン
     彼のシュートには大きな期待をしたものですが、ディフェンスがちょっと・・・って感じでしたかね。
     ペイサーズ在籍時にも3ポイント.404、FT.903という高い確率で決めてました。

05-06 Samaki Walker 1シーズン

06-07 Darrell Armstrong 1シーズン
     ペイサーズに来た時点で結構おじさんでしたが81試合に出場しています。

一番違和感があるのはティムですかね。いたような気もするけどほとんど記憶にありません。

【NBA】写真で見るチャンピオンの帰還

ブログネタ
NBA に参加中!
NBAファイナルを制したL.A レイカーズのロスへの帰還の様子です。
チャンピオントロフィーが床に置かれていたりテーブルに移動したりと、
いろんな人が触りまくってるようで、喜びが伝わってきます。

コービーは自分の席の前にファイナルMVPのトロフィーを置いてますね。
これだけの大きな人達が座ってもまだスペースが空いてるってことは
かなりのゆったりシートということなんでしょう。
あと、ロス-デンバー間の飛行機の風景も前にありましたが、
座り方が同じということで席はあらかじめ決まってるんでしょうかね?

一番右のチャーター便の機長が旗振ってる写真がいいですね。
Phil Jackson & Kobeon the tablecharter






FisherKobe & FisherKobe Bryant











【NBA】LAL-ORL FINALシリーズのスタッツ

ブログネタ
NBA に参加中!
L.A Lakers がOrlando Magicを4-1で下し、08-09シーズンの
NBAチャンピオンに輝きました。ファイナルMVPはKobe Bryant が初受賞。

接戦続きだったプレイオフも終了し、次の大きな注目はドラフトへと移ります。

が、その前にファイナル5戦のスタッツを見比べて見ました。

L.A レイカーズ
Kobe 32.4p (58/135 .429)  5.6reb  7.4ast  1.4stl  1.4Blk
Gasol 18.6pts (36/60 .600)  9.2reb  2.2ast  1.8blk
Odom 13.4pts (26/48 .541)  7.8reb 
Ariza 11p (20/56 .357  3pts 10/24 .416)  6reb  1.8stl
Fisher 11pts (21/42 .500)  3reb  1.8ast
Bynum 6pts (12/33 .363)  4.2reb

オーランド・マジック
Turkoglu 18pts (30/61 .491)  4.6reb  3.8ast
Lewis 17.4pts (30/74 .405)  7.6reb  4ast
Howard 15.4pts (21/43 .488)  15.2reb  4blk
Alston 10.6pts (21/57 .368)  2.2reb  3ast
Pietrus 10.6pts (19/40 .475)
Lee 5.8pts (12/32 .375)

カンファレンスファイナルまでのスタッツとファイナルでのスタッツの比較。
赤字がアップ 青字がダウン
LAL
Kobe 29.6pts (.465) → 32.4pts (.429)
Gasol 18.1pts (.574) → 18.6pts (.600)
Ariza 11.3pts (.558) → 11pts (.357)
Odom 12pts (.518) → 13.4pts (.541)

コービーはファイナルに入って平均得点2.8も上げています。
確立は多少下がっていますが、驚きの上昇率ですね。
ガソルもオドムも調子を上げていて、アリーザが点数、確立共に下がってはいますが、
下がったなりにほぼ同じ点数を稼いでいるのであまりマイナスには働いていません。
コービーのリーダーシップが素晴らしかったということもありますが、
今年はチームメイトが本当に頑張ってくれましたね。

ORL
Howard 21.6pts (.622) → 15.4pts (.488)
Lewis 19.3pts (.459) → 17.4pts (.405)
Turkoglu 15.1pts (.410) → 18pts (.491)

一方のマジックはエース3人のうち二人が大幅な数字ダウンで
ターコルーが何とか牽引しましたが、カバーできるほどレイカーズは甘くありませんでした。
特にハワードの平均マイナス6.2ポイントというのは控えプレイヤー一人分程の差と計算でき、
ファイナルでシックスマンが活躍できなかったマジックにとっては相当な痛手だったでしょう。
レイカーズのディフェンスがそうさせたのか、精神的な影響だったのかはわかりませんが、
経験の差というのはこういうことを言うのでしょうか。 

フィル・ジャクソンは両手の指全てをチャンピオンリングで埋めることになったんですね。
すごすぎます。。。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

twitter:@20050519
31logo
過去の記事
メモ


楽天市場
セブンネットショッピング
ブックオフオンライン
@古本市場
ショップチャンネル
NHKオンデマンド
 iTunes Store(Japan)

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ