プレイオフ断念が決定した次の日の試合、今シーズンはいまいちとはいえ、
格上であるデトロイト・ピストンズをホームで破りました。
スコアは106-102。なかなかの接戦だったようです。
各クォーターの点差が3点以上開く事はありませんでした。

PLAY BY PLAYを見た所、第4Q最初までは結構リード奪ってたのに
じりじり詰め寄られて逆転されて、再逆転みたいな展開だった様子。
最終的に勝ったからいいようなものの、いつものパターンで負けなくて良かった。

Pistons
ポイント :R.Hamilton 23  T.Prince 18  McDyess / Bynum 16 
リバウンド:McDyess 15  R.Wallace 6  Hamilton / Bynum 4
アシスト :W.Bynum 6  Hamilton / Stuckey 5

Pacers
ポイント :D.Granger 24  B.Rush 21  Jack / Ford 18
リバウンド:T.Murphy 13  R.Hibbert 8  B.Rush 7
アシスト :J.Jack 6  T.Ford 5  B.Rush 2

残る2試合はホームでキャブスとバックス戦。
最後の最後で厳しい相手ですが、前回のレブロンvsダニーがかなり盛り上がったので
今回も期待です。
 
↓楽しそうにシュートするグレンジャー
funny Danny2