31Iscream -Go Indiana Pacers(NBA)-

fc2ブログに引っ越しました。
In 49 states it's just basketball, but this is Indiana.
NBA インディアナ・ペイサーズ応援ブログ。

PACERS

【NBA】恐竜相手に大勝【Pacers】

トロント・ラプターズとの1戦。130−101で快勝しました。
T.J.フォードの古巣でもあります。

Raptors
ポイント :C.Bosh 21  P.O'Bryant 16  J.Graham 14
リバウンド:C.Bosh 9  P.O'Bryant 7  
アシスト :R.Ukic 7  J.Calderon 6  S.Marion 3

Pacers
ポイント :D.Granger 29  J.Jack 23  R.Hibbert 17
リバウンド:T.Murphy 14  J.McRoberts 11  R.Hibbert 7
アシスト :T.Ford 11  J.Jack 6  T.Murphy 5

今日のペイサーズは何があったのか知らないけど得点取りまくりでした。
第1Qから、37、37、41、15と第4Qはほとんど控え選手が出てたので
勢いがストップしてしまいましたが、第3Q終了時点で115点と、サンズ並みの攻撃力でした。

FG%もラプターズの38,4%に対し、54,9%と大きくリード。
リバウンドでも41-57と、こちらも大きなリードで危なげなく勝利。

この調子の良さが1ヶ月早く出ていればプレイオフに絡めたかもしれないのに。
中途半端に順位を上げてドラフトロッタリーに影響が出ないものか心配です。
ニックス辺りは狙ってか分かりませんが、かなりのペースで負けこみいつのまにか14位へ。
逆にシカゴはうまく追い込み成功してプレイオフをほぼ手中に収めました。
ただ、6〜8位はプレイオフ初戦がキャブス、セルティックス、マジックなので
相当頑張らないと突破は厳しそうです。

【NBA】サンダーに快勝【Pacers】

現地5日、敵地オクラホマシティーでのサンダー戦、見事な快勝でした。
ヒバートが23分の出場で17ポイント、8リバウンドの活躍、
そしてマーフィーが3ポイント6/6で22ポイントを稼ぎ、先発5人+フォードの
6人が二桁得点という素晴らしい内容でした。

Pacers
ポイント :D.Granger 24  T.Murphy 22  R.Hibbert 17
リバウンド:T.Murphy 9  R.Hibbert 8  Foster / McRoberts 5
アシスト :T.Ford 5  J.Jack 4

Thunder
ポイント :K.Durant 25  N.Collison 15  D.White 14
リバウンド:R.Westbrook 7  S.Livingston 7  Krstic / Durant / Collison 6
アシスト :S.Livingston 5  R.Westbrook 4  K.Weaver 3

サンダーも6人が二桁得点ですが、デュラント以外の選手のポイントが伸び悩んだようです。
ペイサーズは今季残り5試合。全勝しても38勝44敗で勝率5割に届かず。
来シーズンこそはプレイオフに進んでもらいたいものです。

【NBA】昨日のスパーズ戦【Pacers】

やはりスパーズは強かった126-121で負け。
とはいうものの、第4Qで同点に追いついたり追い越したりと
一方的にやられた訳ではなく、勝つチャンスもあった試合だったようです。

結果的に負けてしまったものの、いい試合だったのかもしれません。

Spurs
ポイント :T.Parker 31  T.Duncan 22  M.Finley 18
リバウンド:T.Duncan 11  M.Ginobili 7  K.Thomas 7 
アシスト : T.Parker 10  M.Ginobili 7  T.Duncan 3

Pacers
ポイント :D.Granger 35  J.Jack 22  T.Murphy 19
リバウンド:T.Murphy 13  J.Jack 6
アシスト :  J.Jack 6  T.Ford 6  T.Murphy 3

そういえばピストンズのアイバーソンが今季の残りの試合を欠場するとのことですが、
発表通り怪我のせいなのでしょうか。
事前に控えからの出場なら試合に出ない宣言してしまったので
怪我はただの言い訳に聞こえてしまいます。

来シーズンアイバーソンはどこへいくのでしょうか。。。
本当に引退してしまいますかね。 

【NBA】ブルズに逆転勝利【Pacers】

文字情報を見たときは第4Q残り4分位で98-103で負けてましたが、
試合は107-105でペイサーズの逆転勝利。

T.J. Ford's with 3.9 secondsいいところでグレンジャーの3ポイントで同点、
その後のブルズの攻撃は
ショットクロックバイオレーション、
最後にフォードが2点決めて勝利という流れ。
ブルズの最後の攻撃を24秒オーバーさせた
ディフェンスを見たかったです。


Bulls
ポイント :D.Rose 24  T.Thomas 20  K.Hinrich 20
リバウンド:D.Rose 11  K.Hinrich 7 J.Hoah 7
アシスト :B.Miller 8  K.Hinrich 7  D.Rose 6

Pacers
ポイント :D.Granger 31  T.Ford 22  T.Murphy 15
リバウンド:T.Murphy 12  J.Jack 6  R.Hibbert 5
アシスト :T.Ford 9  J.Jack 8 T.Murphy 2

ブルズ、ペイサーズ共に6人が二桁得点。
この試合からマーフィーが復帰、ジェフは欠場でした。

グレンジャーとフォードのビッグショットが勝利を生んだこの試合。
PLAY BY PLAYを続きで。
続きを読む

【NBA】今シーズンの課題【Pacers】

イースト最下位をひた走るワシントン・ウィザーズとの1戦。
東西の1位チームには勝つのに、順位が下のチームに負ける今季のペイサーズ。
取りこぼしなく勝つという今季の課題、今日はクリアしました。

ウィザーズはまだアリーナスは復帰していないため、来シーズンに期待でしょうか。
前の試合で復帰したようですが今日のゲームには出てきませんでした。
試合は124-115で勝利。

Wizards
ポイント :C.Butler 31  A.Jamison 29  J.Crittenton 19
リバウンド:C.Butler 13  D.McGuire 8  J.McGee 7
アシスト :J.Crittenton 3  C.Butler 3

Pacers
ポイント :D.Granger 31  B.Rush 29  J.Jack 19
リバウンド:B.Rush 10  J.Foster 9 R.Hibbert 8
アシスト :T.Ford 10  J.Jack 7  D.Granger 3

この試合のペイサーズ、ルーキー二人の成績
ラッシュ:33分 29ポイント 10リバウンド 1アシスト 1ブロック 2ファール
ヒバート:16分 12ポイント 8リバウンド 1スティール 1ブロック 6ファール

ラッシュは文句なしですが、ヒバート。
16分で8リバウンド取る能力がありながら同時にファールアウト。惜しい。
単純計算では計れないけど、今の2倍出場時間があればポイントとリバウンド
ダブルダブルの成績を残せる位の能力はあるんじゃないだろうか。
その為にもファールトラブル癖を来シーズン克服してもらいたい。

好不調はあるけどラッシュはもう戦力として計算できる段階に入ってきたのかな。

【NBA】好調ブルズに敗戦【Pacers】

プレイオフ進出に向けて負けられないシカゴ戦でしたが、106-112で敗戦。
これでプレイオフがかなり遠のいてしまった気がします。無念。

Pacers
ポイント :D.Granger  32   B.Rush  29   T.Ford  14
リバウンド:J.Foster  18   R.Hibbert  7   T.Ford  7
アシスト :J.Jack  9   T.Ford  6  

Bulls
ポイント :B.Gordon  25   J.Salmons  22   T.Thomas  18
リバウンド:D.Rose  9   T.Thomas  8   J.Noah  7
アシスト :D.Rose  8   B.Gordon  5   K.Hinrich  4

ブルスのデリック・ローズがあわやトリプルダブルの大活躍。
二桁得点が5人とバランスもいいですね。

ペイサーズはまだマーフィーが欠場。シーズン終盤の大事な所での戦線離脱。
ダンリービーJrも今年はほとんど仕事してないので
あの大型トレードは未だ良いトレードとはいえないまま。 
フォスターのリバウンド18、内オフェンス7はさすがと言った所ですが、
やはり得点には結びつかず7ポイント。惜しい。

ということで、今シーズンのプレイオフは相当厳しいものになってしまったので
イーストの8位の順位を追うのを終了しました。

来シーズンはどんなメンバーになるのでしょうか。。。 

【NBA】最後追い詰められて冷や冷やするものの勝利【Pacers】

第4Q終盤まで7点差くらいを保ってたのに残り2分くらいからじわりじわりと詰められて
残り40秒くらいでついに2点差になって、下手したら逆転負けかとも思ったけど
粘り勝ちしてくれました。

現地25日 マイアミ・ヒート戦

Team1234Total
Heat2425192088
Pacers2721192390

Heat      
ポイント

D.Wade

21

U.Haslem

18

J.O'Neal

13

リバウンド

U.Haslem

14

M.Beasley

8

M.Chalmers

6

アシスト

D.Wade

8

M.Chalmers

7

L.Head

3

Team Total リバウンド(O/D/T):9/35/44 アシスト:24 スティール:6 TO:7

Pacers      
ポイント

D.Granger

28

T.Ford

20

J.Jack

13

リバウンド

J.Foster

16

T.Ford

9

B.Rush

8

アシスト

J.Jack

4

T.Ford

3

B.Rush

2

Team Total リバウンド(O/D/T):10/40/50 アシスト:12 スティール:4 TO:12

この試合、トロイ・マーフィーが膝の腱をひねったとかで欠場だったので、
ちょっと心配してたのですが、変わりにスターターで出場したジェフ・フォスターが
16リバウンドと大活躍。ジェフの場合、オフェンシブリバウンドが得点に直結しないことが
欠点でもあるのですが、それでもすぐれたリバウンダーであります。

得点王候補のウェイドを21点に抑えられたのもなかなか良いディフェンスしたのでしょうか。
FGが5/24と不調です。
ペイサーズのエース、グレンジャーは28ポイント(FG 10/20 , 3pts 3/7)となかなか調子がよかったようで
フォードもベンチから出場で20得点と頑張ってくれてます。
数日前にジャックとフォードの不仲が取り上げられていましたが、
来シーズンどうなることやら。

ヒートには元ペイサーズのジャーメイン・オニール、ジェームズ・ジョーンズも所属いるのですが
どのように迎えられたのでしょうか。気になるところです。
↓ペイサーズの新旧エース対決 ダニーが変顔に。
新旧エース対決

twitter:@20050519
31logo
過去の記事
メモ


楽天市場
セブンネットショッピング
ブックオフオンライン
@古本市場
ショップチャンネル
NHKオンデマンド
 iTunes Store(Japan)

記事検索
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ